面接で気をつけること

自分がやりたい、と思ったバイトをするには、面接を突破しなければなりませんね。
就職活動ではないのでスーツを着て行ったり、変にかしこまったりする必要はないのですが、最低限のマナーはしっかり守ってやらなければなりません。そのお店の業種や雰囲気にもよりますが、服装も派手すぎなければそれでいいでしょう。面接の仕方もそのお店の面接をする人(大体は社員、店長など)によって進め方は様々だとは思いますが、履歴書を元にやるので、志望動機などは履歴書と異なることがないように、しっかり覚えていきましょう。

また、緊張はするかもしれませんが、特に接客業を志望している場合、笑顔で対応したほうが絶対にいいです。少なくとも悪い印象は与えることはありません。接客業でなくとも、今後同じ職場で働くかもしれない人に対していい印象を与えておく方がいいに決まっています。ですので、無理して笑って逆に不自然になるのもおかしいですが、できるだけ自然な笑顔で対応しましょう。

そして、その業種にもよりますが髪型や髪色にも気をつけましょう。たとえば、居酒屋のホールでは茶髪はほとんどの場合大丈夫ですが、家庭教師や塾講師、ホテルなどで働く場合は黒髪でなければなりません。事前に募集要項を見るなり、分からなかったらお店の人に直接聞いてみるべきでしょう。面接ではいいけどあとで仕事をするときにはなおしてね、と言われる場合もあります。

また、女性であればネイルも控えるべきだとか、男性の長髪は不可なのかなど、気をつける点は様々ありますが、お金をもらうためだと思い、しっかり気をつけて行きましょう。

Leave a Reply